COVID-19, ワクチン

ワクチンを接種しない方が良い理由を簡単に説明

最近Dr.穴水の気ままな話の記事がGoogle検索では表示されなくなってきています。ブックマークしていただくか、プライバシーが保護されるDackDackGoのブラウザーをお使いください。

ギアート・バンデン・ボッシュ博士 

ギアート・バンデン・ボッシュ博士の経歴
・グラクソスミスクライン社の医薬部でワクチン研究
・ノバルティス社のワクチン研究プログラムディレクター
・ソルベイ・バイオロジカル社でインフルエンザワクチンのプロジェクトディレクター
・ビル&メリンダ財団でワクチン部の上級プログラム局長
・GAVI(全世界にワクチンを広める慈善団体)プログラムマネージャー
・ドイツ感染研究センターワクチン開発局長 

人生すべてをワクチン開発と研究にかけた世界的に著名な学者の話(動画) 

この動画でよく説明がなされていますが、少し難しいかもしれませんので、簡単にわかるように解説します。ワクチンを接種するかどうかは個人の判断であり自由です。リスクをしっかり知ってから受けるべきでしょう。 

現在日本でも、既に人口の半数以上がワクチン接種を完了しています。この方々は自分の将来をどのように考えているのでしょうか。おそらく何も考えていないのかも知れません。 

非特異的抗体の自然免疫と特異的抗体のワクチン

人が本来持っている自然免疫は、どんな異物が体内に入ってきても抗体を作ります。未知のどんな物質に対してもです。その代わり強力ではありません。それに対して新型コロナワクチンは非常に強力で武漢型新型コロナウイルスに特化しています。そのためここで問題が起こります。武漢型でないデルタ型新型コロナウイルスが入ってきた時に、自然免疫は何にでも対応できますから、早速抗体を作って排除にかかります。その時武漢型新型コロナウイルスの抗体が「それは違うでしょ」と自然免疫の邪魔をし始めます。そのため武漢型でないデルタ型新型コロナウイルスなどには感染しやすくなってしまいます。それだけではなく、別の感染症にも、武漢型新型コロナワクチンの抗体が邪魔をしますので罹りやすくなってしまいます。さらには癌細胞が発生したときも異物と認識する自然免疫が失われることにより、将来癌が発生しやすくなってしまいます。 

1度ワクチンを接種すれば接種はエンドレスに 

このように将来、自然免疫を失うことによる、感染や発がんによる死亡リスクと現在の新型コロナウイルスによる死亡リスク、どちらを優先するかです。ワクチンの接種回数が増えるほど自然免疫を失っていきます。今やワクチン先進国のイスラエルでは4回目のワクチン接種が言われ出しています。これは日本でもワクチンを接種した人々の今後の姿です。自然免疫を失っているため、新型コロナウイルスの新しい株が出ればその都度それに対応したワクチンが必要になります。エンドレスです。 

ワクチン接種者は要注意人物となる 

ワクチンを接種すれば感染しても免疫で守られている期間(3~10カ月)は無症状の排菌者となります。症状がないため知らずに周囲の人間に感染させてしまいます。すなわちワクチン接種者はスーパースプレッダーと化すことになります。ワクチン接種者こそマスクが欠かせません。 

コメントを残す(ご質問は会員ページでできます。)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください