テロメア, 健康,

テロメアを伸ばそう!!(前編)

最近Dr.穴水の気ままな話の記事がGoogle検索では表示されなくなってきています。ブックマークしていただくか、プライバシーが保護されるDackDackGoのブラウザーをお使いください。

テロメアは「命の回数券」とも呼ばれています。

私達の体の細胞は常に分裂を繰り返し、新しい細胞に置き換わっています。数年間会わなければ、その人の人格はほぼ同じだとしても、カラダは全く別物になっていますので、実際は別人なのです。

細胞を新しいものと入れ替える能力が落ちてくること、それを私達は老化と呼んでいます。老化すると皮膚も次第に再生能力を失い、シワも目立ってきます。白血球その他の免疫細胞も能力が低下してきますので、様々な病気にもかかりやすくなるわけです。

その老化のカギを握るのがテロメアです。テロメアは細胞の核の中にある染色体の端を止めている物質です。靴紐の先端にある紐がバラバラにならないように止めているキャップのようなものです。このキャップは細胞分裂のたびにちぎれて短くなります。そして最後にはこの紐を留めておくことができなくなり、染色体がバラバラになると同時に細胞は死を迎えます。

2009年度のノーベル医学生理学賞はエリザベス・H・ブラックバーン、キャロル・W・グライダー、ジャック・W・ショスタクの3氏に贈られました。受賞理由は『テロメアとテロメラーゼによる染色体保護機構の発見』です。

興味のある方はこちらの動画もご覧ください。

細胞分裂のたびに短くなっていくテロメアを修復してテロメアを伸ばしていくのがテロメラーゼという酵素です。この酵素を増やしてテロメアを伸ばすことで私達は若返ることができます。
同じ100歳まで生きても、若くから癌を始め様々な病気になる場合と、人生の最晩年に病気になる場合では人生の質が大きく変わってきます。

それではどうすればテロメアを伸ばして若返り、健康寿命を伸ばすことができるのでしょうか。簡単な方法がありますので次回お知らせします。