5次元オーリングテスト, 未来予測

5次元オーリング・テストによる未来予測の検証

最近Dr.穴水の気ままな話の記事がGoogle検索では表示されなくなってきています。ブックマークしていただくか、プライバシーが保護されるDackDackGoのブラウザーをお使いください。

すべてではありませんが、5次元オーリング・テストで行った未来予測を表にしてみました。ところどころコメントも入れましたが読者の皆さんも判定してみてください。

数年先の未来予測もありますので、これからどのようになるか注視していきます。

最近は、書いた記事の内容に誤りがないかを5次元オーリング・テストで確認しています。誤り部分は必ず訂正か削除し掲載しています。

以前の記事は5次元オーリング・テストで確認していませんでしたので、これから確認しながら訂正していこうと考えています。訂正部分は正誤表を付けて判るようにします。

5次元オーリング・テストによる未来予測の検証 ブログ 掲載日 判定 コメント
1 SARS-COV-2の発生源は武漢のウイルス研究所 2月10日 今回の世界的パンデミックは武漢から発生したが、新型のコロナウイルスとしては武漢発生の数か月前にはカナダやイタリアで発生していた痕跡が確認されている。
2 感染すればエイズのように免疫細胞の白血球もリンパ球も減少するので免疫力の強さは有利にならない 2月10日
3 日本の感染ピークは5月から6月にかけて 2月10日 × 第一波は4月上旬がピークだった。東京に4月下旬に撒く予定のウイルスを5月下旬まで伸ばして実行したが撒いても失敗に終わったため
4 治療薬にはエイズの治療薬が有効 2月10日
5 2020東京オリンピックは開催されない 2月10日
6 第三次世界大戦でもまた日本は敗戦国(ロシアに占領される) 2月10日
7 第三次世界大戦は露仏独のユーラシア大陸国対米英(ファイブ・アイズ)中日の海洋国 2月10日
8 アメリカの次期大統領はブティジェッジ氏、そうでなければサンダース氏 2月10日 ×
9 ソーシャルディスタンスは2メートル 2月18日
10 エアロゾル感染する 2月18日
11 換気が重要 2月18日
12 SARS-COV-2の侵入3経路:ACE2レセプター(肺に多く存在)、GRP78のレセプターはエボラ出血熱のウイルスが侵入に使う受容体、CD147は癌細胞や免疫細胞にある受容体 3月31日
13 エイズの抗ウイル薬である「カレトラ」、エボラ出血熱の抗ウイルス薬「レムデシビル」が有効 4月18日
15 「アビガン」は効果無し 4月18日
16 日本の感染拡大周期は5回 5月24日 予測では来年の春には終息のはずでしたが、専門家会議を解散させる等、政府が対応の仕方を変更したため、終息には再来年までかかるそうです。第5波までだったものが現時点では予測不能とのことです。
17 今年の12月から始まる感染拡大の波は大きく収束まで3ヶ月はかかります。12月から1月にかけての感染が収束まで3ヶ月と長引くのは、紫外線が弱くなるからだけでなく、変異したウイルスの感染力が強力になっているためです。 5月24日 12月から始まった第3波の感染拡大は大きくなりつつあります。感染力が強く変異したウイルスが国内でも感染を広げる可能性もあります。
18 水疱瘡のヘルペスウイルスが神経節に潜んでいて数十年後に帯状疱疹として発症してくるように男性の睾丸の中に持続感染していて将来COVID-19として発症し、重症化すると死に至ることもります。 5月24日
19 たとえワクチンができても、インフルエンザの予防注射をしてもまた罹るのと同じように罹ります。再感染は重症化しやすい。 5月24日
20 中国共産党の軍事独裁政権は終わり、オリンピック(2024年)後に4つの国に分裂します。 5月31日
21 この時代が人類史におけるシンギュラリティ(特異点)となるでしょう。このまま新しい生活様式となります。コロナ失業した人々の一部は、もとの職に戻れることはないでしょう。コロナ不況の業種も以前の状態にもどりません。 5月31日
22 世界の国々が自国生産に切り替えていくため、世界の工場として発展してきた中国は終わりをつげ、これからは内需拡大で経済的には豊かになっても国内での矛盾は拡大していきます。 5月31日
23 2026年日米中同盟対ロシアの第三次世界大戦がはじまります。この時の中国は分裂後のいずれかの中国です。 5月31日
24 来年中には国民全員にワクチンの接種を要請 6月18日
25 日本の感染拡大は3月で収まる。 6月18日
26 2023年アメリカは4つの国に分裂します。この分裂した国家の中から今の議会制民主主義という政治形態を終わらせ、今後数百年続く新しい政治形態が生まれてきます。 6月30日
27 中国でも食料が採れなくなると世界的な食糧危機が起こる 6月30日
28 青森県のむつ市長の意見今までは天災だと言っていられたが、そうなればもう人災になる」「政治や行政が国民、県民の命や健康をないがしろにしてはいけない。経済は大事だが、経済を回す方法はいくらでもある」に賛同しました。 7月20日 菅総理のGoToキャンペーン続行によって、多くのコロナ死者が出てきています。GoToキャンペーンを中止していれば死なずに済んだ人たちが大勢出てきました。
29 ウイルスのパンデミックを起こそうとしているグループにより、邪魔な専門家会議の廃止と彼らの意図通りに感染を拡大させることで、諸外国のように医療崩壊を招き多くの死亡者が出ることになるかもしれません。 7月20日 今回の第3波で医療崩壊が起これば予測が実現したといえるでしょう。
30 GoToトラベルキャンペーンは4月7日に決定されたが、日本にパンデミックを起こすことが目的 7月20日
31 軽症の感染であっても様々な臓器に損傷をもたらしているため、様々な後遺症で苦しむことになる。 9月10日
32 回復した患者でもすでに様々な臓器に傷害を与えているので、数年から数十年後に全く別の病気を発症する。しかしこれがCOVID-19の後遺症だとは認識されない。 9月10日
33 次期アメリカ大統領は決定されない。 10月31日

 

コメントを残す(ご質問は会員ページでできます。)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください